医療ローン(メディカルローン)で経済的にメンズ美容医療【審査・金利など】

医療ローン(メディカルローン)で経済的にメンズ美容医療【審査・金利など】

公開日:2021年12月16日 更新日:2022年06月14日

医療ローン(メディカルローン)で経済的にメンズ美容医療【審査・金利など】

女性だけではなく男性にも広まりつつある美容医療。最近は男性専門のクリニックも増えてきているため、施術を受けたいという方がますます増えてきているようです。
しかしながら、美容医療はけっして安価なものではありません。そのため、金銭的な理由で施術を諦めてしまう方もいるようです。
そこでご紹介したいのが、「医療ローン(メディカルローン)」です。
このコラムでは、医療ローンとはどのようなものなのか、審査や金利はほかのローンと比べてどうなのかなども解説いたします。美容医療の支払い方法に悩まれている方は、ぜひ参考にされてみてください。

医療ローンとは

さっそく、医療ローンの概要と特徴を見ていきましょう。

目的が「医療行為」に限定されているローン

医療ローンとは、金融機関や信販会社から融資が受けられる「目的別ローン」の一種です。
融資されたお金は、原則として医療行為にしか利用できません。不正を防ぐために、使用目的が確認できる書類(治療計画書など)の提出が求められることもあります。
なお、医療ローンはクリニックなどで申し込める場合もありますが、ローンの契約先はあくまで金融機関や信販会社です。ローン契約後にクリニックに対して、支払いに関する問い合わせをしても回答は得られませんので注意しましょう。

保険適用外の医療行為にも使える

医療ローンの目的は医療行為に限定されますが、その範囲はかなり広くなっています。
治療や手術、入院にかかる費用はもちろんのこと、高額な医療費が必要となる先進医療、歯列矯正やデンタルインプラントの治療費、美容医療で行われる医療脱毛や美容整形も対象となります。

金利は他のローンに比べて低め

医療ローンは、目的が定められていないフリーローンより金利は低めに設定されています。
金融機関や信販会社により異なりますが、医療ローンの金利は一般的に3~10%程度。通常のカードローンでは金利が15%を超えることもあるため、とてもリーズナブルです。
金利が低い分、審査は厳しいとされていますが、安定した収入があれば基本的に大丈夫です。

医療ローンを利用するメリット・デメリット

次は、医療ローンを利用する前に知っておきたいメリットとデメリットです。

医療ローンのメリット

医療ローンのメリットはいろいろありますが、おもなものは以下の3点です。

経済的負担をおさえて高額な医療が受けられる

医療ローンを利用すれば、高額な治療費を分割で支払えます。頭金不要で無理のない範囲で返済できるため、経済的な負担が少なくて済みます。
つまり医療ローンは、「一括払いは難しいけれど、月々少しずつならば支払える」という方の強い味方といえます。

美容医療にも活用できる

医療ローンは、保険適用のない美容医療にも利用できます。
美容医療にかかる費用は施術内容やクリニックにより異なりますが、施術費が数十万円におよぶことも稀ではありません。これに対して、医療ローンを利用すれば月々の支払いが数千円で済むこともあります。
経済的負担をおさえて美容医療を受けたい方にとって、医療ローンは魅力的な選択肢のひとつといえるでしょう。

金利負担が少なくて済む

目的別ローンの一種である医療ローンは、通常のローンに比べて金利が低めに設定されているケースがほとんどです。
また、医療機関が提携している信販会社を利用すると、クリニックが金利手数料を負担してくれることもあります。この場合元本の返済のみで済むため、経済的負担が非常に軽くなります。

医療ローンのデメリット

医療ローンは経済的負担をおさえたい方にとって魅力的な支払い方法ですが、デメリットがないわけではありません。

審査に時間がかかることがある

医療ローンに限らず、一般的に目的別ローンは審査時間が長めです。場合によっては、融資が受けられるまでに数週間かかることもあります。
しかしながら、クリニックと提携している信販会社を利用すれば比較的柔軟に対応してくれます。申し込みから1時間ほどで審査の結果が通知されることもあるため、すぐに施術をスタートしたい方にはおすすめです。

融資開始までは医療費を支払わなければならない

医療ローンの申し込みから融資開始までには、若干のタイムラグがあります。その間に受けた美容医療は自費となるため、施術費用をその場で支払わなくてはなりません。
もっとも、このデメリットもクリニックと提携している信販会社を利用することで解消できます。審査の結果が出るまでの期間が短いため、場合によっては即日融資も可能です。

転院すると全額返済が必要になる場合も

クリニックと提携している信販会社を利用する場合、転院すると全額返済を求められることがあります。ローンの契約相手は信販会社なので、クリニックに苦情を申し立てても受け入れてもらえません。
このようなトラブルを避けるためには、ローン契約前にクリニックでしっかりカウンセリングを受けることが重要です。納得いくまで相談し、信頼できるクリニックで治療を受けるようにしましょう。

医療ローンの契約の流れ

最後に、医療ローンの手続きの流れを解説します。

申し込み

銀行や信販会社に融資を申し込む場合は、それぞれの窓口や公式サイトで申し込みをします。クリニックと提携の信販会社を利用する場合は、クリニックが申し込み窓口になっている場合が多いです。

必要書類の提出

医療ローンの申し込みに必要な書類は、おおむね以下のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証、保険証など)
  • 安定した収入があることを示す書類(源泉徴収票など)
  • 資金使途確認書類(治療契約書など)

提出書類は、利用する金融機関や信販会社、希望の融資額によって変わるのでご注意ください。クリニックと提携の信販会社を利用する場合は、事前に必要書類を揃えておくと手続きがスムーズになります。

審査

医療ローンの審査の基準は公表されていませんが、以下のような項目がチェックされているようです。

  • 成人しているか
  • 収入は安定しているか
  • 勤務年数はどれくらいか
  • 他社から借り入れがある場合、返済能力があるか
  • 過去に金融事故(返済の遅延や自己破産など)を起こしていないか

細かな審査基準は金融機関や信販会社により異なりますが、学生やアルバイトの方でも安定した収入があれば、融資を受けられる可能性があります。

契約

審査をクリアしたら、いよいよ契約です。契約締結後に融資がスタート。毎月の負担額をおさえながら、希望の美容医療を受けられます。

【まとめ】医療ローン(メディカルローン)で経済的にメンズ美容医療【審査・金利など】

今回は、美容医療にも利用できる医療ローン(メディカルローン)についてご紹介しました。
「美容医療は高い」という先入観で治療を諦める方もいらっしゃいますが、支払い方法は一括払いだけではありません。医療ローンを使うという選択肢もあります。
医療ローンは金利が低く設定されている場合が多く、上手に利用すればフリーローンなどより経済的です。審査は厳しいといわれますが、安定した収入があれば学生やアルバイトでも審査が通る可能があります。
信販会社と提携している美容クリニックでは、カウンセリング時に支払い方法を相談することも可能です。金利手数料が無料になるサービスを実施している場合もあるため、気軽に相談してみてください。

医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長

野田知路Noda Tomonori

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。

常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

5周年記念 最大10万円以上割引+新宿開院記念 全身脱毛1回プレゼント Check

当ページは医師監修のもと
医療広告ガイドラインを遵守しています

当サイトは野田知路医師監修のもと、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守し、運用・管理しております。当サイトに掲載している内容について、疑問点などございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
当サイトの監修医師 医療法人社団雪焔会 メンズトイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

当サイトの監修医師
医療法人社団雪焔会
メンズトイトイトイクリニック
理事長・統括院長
野田 知路