メンズのVIO脱毛(陰部)は女性スタッフが施術するの?

メンズのVIO脱毛(陰部)は女性スタッフが施術するの?

公開日:2021年10月17日 更新日:2021年11月23日

VIO脱毛

医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長

野田知路Noda Tomonori

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。

常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

メンズのVIO脱毛(陰部)は女性スタッフが施術するの?

陰部のムレや臭いを抑え、清潔に保てると人気なのがメンズのVIO脱毛。女性はもちろん男性のVIO脱毛の需要も高まり、きちんと手入れする男性が増えています。
しかし、陰部であるがゆえ、施術するのが男性なのか女性なのかは気になるところ。
今回は女性スタッフがメンズのVIO脱毛をすることがあるのか、さらに女性スタッフに施術してもらうメリットについてもご紹介します。
VIO脱毛を検討されている男性は、ぜひ参考にしてみてください。

メンズのVIO脱毛!陰部といってもどこまでが範囲?

清潔感がアップし、女性からの印象も良くなると話題のメンズVIO脱毛。陰部とはいえ、どこまで脱毛するのでしょうか。
まずは、メンズのVIO脱毛における照射範囲をおさらいしておきましょう。

Vラインの照射範囲

Vラインとよばれるビキニラインは、太ももの付け根から骨盤の高さまでの範囲を指します。
レーザーを照射するのは、この範囲の中のペニスの付け根までとなります。おへそ周辺のムダ毛はVIO脱毛の範囲外となるので、注意しましょう。
Vラインの毛量が少なくなるだけでも、見た目に違いが生まれます。下着や水着からムダ毛がはみ出ることもなくなることでしょう。また毛量の多い部位であるため、Vラインを施術すると、ムレや臭いを軽減することができます。

Iラインの照射範囲

男性脱毛におけるIラインでは、ペニスと陰嚢とよばれる男性器全体と、男性器から肛門手前までのラインが照射範囲に含まれます。
ムレやすく、かゆみが生じやすいのがIライン。Iラインを脱毛することでムレも解消され、かゆみも生じにくくなるでしょう。

Oラインの照射範囲

Oラインは肛門周辺の部分です。Oラインのムダ毛を処理することで、排泄後の拭き残しやティッシュペーパーの絡まりなどの不快感を軽減することができます。
不衛生になりやすい部位を清潔に保つことができるため、ウォシュレットがなくても快適に過ごすことができるようになるでしょう。

女性スタッフが担当?女性に施術してもらうメリットは?

陰部は普段から人の目に触れないところであり、他人に触れられることもないため、VIO脱毛では緊張してしまうことでしょう。そのため、施術者の性別は気になるところですね。
メンズのVIO脱毛は、特に医療機関では女性が施術を担当することが多くあります。では、女性スタッフが担当するメリットはあるのでしょうか。メンズのVIO脱毛で女性に施術してもらう意外なメリットについてご紹介します。

同性に触られるよりも抵抗が少ない

脱毛ではレーザーを照射していくため、複雑な形状である場合は皮膚を広げたり部位を押さえたりなど、施術者が手袋越しに触りながら進めます。
メンズVIO脱毛の場合、VラインやIラインを照射するときにペニスや陰嚢に触れられることがあります。このとき、同性である男性スタッフに触れられるほうが、抵抗を感じる傾向があるようです。
女性に対する恥ずかしさより、同性に対する気まずさのほうが勝り、居心地が悪いと感じてしまうもの。そのため、男性スタッフよりも女性スタッフを希望する男性が多い傾向にあります。

女性目線のアドバイスがもらえる

VIO脱毛をする動機のひとつに、パートナーに良く思われたい、女性からの印象を良くしたいという想いもあることでしょう。
施術スタッフが女性であれば、施術自体が女性目線の貴重なアドバイスをもらえる良い機会になります。普段、男性の陰部のムダ毛について女性と話したり質問したりすることもそうそうなく、勇気がいりますね。しかし、このような機会だからこそ、女性が男性の陰部の毛についてどう思っているのか、どのような状態が理想的なのかなど気兼ねせず質問できるというもの。Vラインのデザインについても、無毛のツルツルの状態に対して女性はどう思うのか、どんなデザインが女性にとって印象が良いのかなど、女性ならではの率直なアドバイスをもらいながら検討することができるでしょう。
脱毛は1回では完了しないため、数回通う必要があります。回を重ねるごとに緊張も薄れて、話もしやすくなるはずです。

生理現象に対してあきらめがつく

前述のように、施術中スタッフは陰部を触ることもあり、少なからず男性器に刺激を与えることになります。そのため、生理現象としてほとんどの方が勃起してしまうものです。これは女性スタッフに限らず、男性スタッフに施術してもらったとしても同じように反応してしまう方がほとんどです。
施術を担当するスタッフは、これらは生理現象だと心得ており、むしろ自然なことだと理解しています。そのため、必要以上に不安に感じることはありません。
とはいえ、男性スタッフに対して反応してしまうのは気まずいでしょう。その点、女性スタッフに対して反応してしまうのは、より自然でその恥ずかしさは受け入れやすくあきらめがつくというもの。そのため、女性スタッフに施術してもらうほうが、気が楽だと感じる方も多いようです。
また、ジェルを塗布した際の冷たさや、レーザーを照射した際の痛みなどですぐに収まるものなので、不安に思う必要はありません。そして、照射の際には照射部位以外はタオルなどで覆っているため、そこまで恥ずかしさを感じる場面は少ないでしょう。

女性スタッフのほうがむしろ安心?

メンズのVIO脱毛では、普段人目に触れず他人に触られることのない陰部を施術してもらうため、担当スタッフの性別を考えるとますます1歩が踏み出せない方も多いはず。
しかし、施術中のシチュエーションを考慮すると、男性スタッフよりも、むしろ女性スタッフに施術したもらったほうが楽かも?と思えるポイントがあります。
センシティブな部位だからこそ、自分にとって受け入れやすい状況を考慮しつつ、VIO脱毛を検討してみてください。

5周年記念 最大16万円以上割引+新宿開院記念 全身脱毛1回プレゼント