メンズのVIO脱毛は痛い?施術時の痛み対策も解説

メンズのVIO脱毛は痛い?施術時の痛み対策も解説

公開日:2021年09月27日 更新日:2021年10月04日

VIO脱毛

医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長

野田知路Noda Tomonori

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。

常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

メンズのVIO脱毛は痛い?施術時の痛み対策も解説

近頃では男性の間でも脱毛の人気が高まっています。
実際、メンズ専門の脱毛クリニックやサロンも出てくるようになりました。
それにともない、女性だけでなく男性もデリケートゾーンである「VIO脱毛」を希望される方も増えてきています。
しかし、

  • デリケートゾーンだから脱毛の痛みは強いのでは?
  • VIO脱毛後の副反応が強いのではないか?

といった理由で、VIO脱毛が不安で踏み切れない方も多いのではないでしょうか。
今回は、メンズのVIO脱毛の痛みや副反応について、施術時の痛み対策も含めて解説していきます。

メンズのVIO脱毛の痛みはどれくらい?

結論から言うと「一般的にバチンと輪ゴムではじかれたような痛み」といわれています。
しかし、メンズのVIO脱毛の場合は、その中でも痛みを感じやすい場所です。そのため、後述するレーザー出力の調整や事前の麻酔をお願いする方もいらっしゃいます。
なぜメンズのVIO脱毛は痛いのか、解説していきましょう

メンズのVIO脱毛が痛い理由

男性のVIOの脱毛が痛い理由には、次のような要因があげられます。

VIO自体が痛みを感じやすい

「デリケートゾーン」というだけあって、VIOは他の場所よりも痛みを感じやすい場所です。
その理由は

  • 皮膚が他の場所よりも薄いから
  • VIOの毛は他よりも太く密集しているから
  • VIOは他の場所よりも肌が黒ずんでいることから多いから

などがあげられます。
皮膚が薄いために痛みを感じやすい・・・というのは理解しやすいと思いますが、なぜ毛が太かったり肌が黒ずんでいたりすると、レーザー脱毛の時に痛みを感じやすいのでしょうか。
そもそもレーザー脱毛は、毛の細胞を増殖させる発毛に大事な部分をレーザーでダメージを与えることで、毛を発育させないようにするのが目的となります。毛の根本である「毛包」の周りにメラニン色素が密集しているため、メラニン色素に反応しやすいレーザー光を使うことで、効率的に毛根にダメージを与えます。
そのため、太い毛が密集していると、メラニン色素がその分多く存在します。レーザー脱毛の光で反応するメラニン色素が多いほど、そこで発生する熱エネルギー量も多くなり、痛みにつながります。
肌が黒ずんでいる場合も同様で、メラニン色素が通常の肌にも密集している証拠。その分だけレーザー光に反応しやすく、痛みを感じやすいというわけなのです。

男性の場合、女性よりも毛がしっかりしている

さらに男性の場合は、女性よりも毛がしっかりしていることがあり、レーザー脱毛での光を感じやすいといえます。そのため、男性は女性よりも、より積極的に痛みに対して対策する必要があるわけです。

男性のVIO脱毛によるメリットは?

ここまで読んで「VIO脱毛は痛いのか・・・あきらめようかな・・・」と思った方はいませんか?
確かに、VIO脱毛での痛みを完全になくすことはできないかもしれません。しかし、対策すればある程度軽減させることもできますし、何よりVIO脱毛にはVIO脱毛でしか得られない、さまざまなメリットがあるのです。
順に説明していきましょう。

衛生的で清潔感が出る

女性にとって男性が毛深い方がよいと考えられた時代はもはや遠い昔のこと。
実際、女性から見た「メンズのVIO脱毛への印象」では、メンズのVIO脱毛に好印象を抱いているといった口コミや調査結果もあるほどです。
具体的には、VIO脱毛をしていると

  • 衛生的で好印象
  • 身なりにも気を使っているという印象
  • 整っていて素敵
  • お風呂場などに毛が落ちないので、VIOをお手入れしてくれるのがありがたい

などの声が多いようです。
このように、女性に気遣いする男性にとって、VIO脱毛は非常にオススメのケアになります。

蒸れやかゆみ・臭いが改善される

では見た目だけではなく、実際に清潔感がでるのか?
もちろん答えは「〇(マル)」。
VIO脱毛を行うことで、雑菌が付着しにくい環境に整えることができるので、蒸れやかゆみ・臭いが軽減されます。排泄物の汚れが付かないため、衛生面でも非常に効果的です。

VIO脱毛の痛みを和らげる対策は?

「では痛いのはどうやって対策できるの?」という方。
もちろん痛みを和らげるための対策もあります。順番にみていきましょう。

痛みを抑えるための肌ケア

敏感肌や乾燥肌の方は、VIO脱毛のレーザーによる熱刺激を受けやすく痛みを感じやすくなってしまいます。自分の肌に合った毎日の保湿ケアをしっかり行い、肌のバリア機能を改善していきましょう。

VIO脱毛をする時期をコントロールする

体調不良の時は、ストレスホルモンであるコルチゾルが活性化し、「闘争神経」といわれる交感神経も活発になります。コルチゾルの分泌や交感神経の活性化により、痛みに対して敏感になり、医療レーザーの刺激に対してさらに強く痛みを感じるようになってしまいます。
寝不足やライフスタイルが乱れている時期は避けて、脱毛プランを考えるとよいでしょう。

VIO脱毛する前の剃毛の仕方を工夫する

男性の中で「VIO脱毛するのに、事前処理しないといけないの?」と考える方も多いでしょう。
毛の量を減らし、レーザー光が効率よく肌に照射されるのにも、事前処理はとても大切です。さらに、事前処理の仕方を工夫するとさらに痛みが緩和されます。
ポイントは、VIO脱毛する2~3日前に、電動シェーバーやカミソリではなく、眉毛用のハサミなどでカットすることです。カミソリは一番肌のダメージが大きいのでNG。
また、いきなり電気シェーバーで剃ってしまうと毛が絡まり、肌を痛めてしまう原因となります。電気シェーバーで処理をするならなるべく刃の数を多くして面積で剃るようにしましょう。

事前に麻酔を使用する

ここまで読んで「それでも痛みが苦手だからVIO脱毛は難しそう」とあきらめようと考えている方はいませんか?
それでも安心してください。痛みが苦手な方や、施術前に工夫しても脱毛して痛みを強く感じてしまう方を対象に、麻酔を使用することができます。クリニックによっては追加料金が発生しますが、痛みに不安を感じるなら我慢せずに麻酔してもらう方が良いでしょう。
麻酔は麻酔クリームを使用することが一般的ですが、クリニックによっては笑気麻酔といって吸入するタイプの麻酔を使用することもあります。(笑気麻酔は妊娠中には使用することができませんので、注意してください。)

VIO脱毛でも痛みが抑えられる機種を選ぶ

医療レーザー脱毛といっても、レーザーの種類は数多くあります。その他にも、アタッチメントに冷却装置がついているもの・肌の密着性をよくするもの・蓄熱式レーザータイプのものなどタイプもさまざま。
敏感な方は、痛みが抑えられやすい機種を使用しているか、事前に担当医師・スタッフに相談するとよいでしょう。

担当医師・スタッフに照射の出力を調節してもらう

実は医療レーザー脱毛のレーザーの出力は、調節することができます。もちろん出力を弱くすれば脱毛する力も弱くなりますが、痛みで普段の生活を送れなくては、脱毛のスケジュールにも影響してしまいます。
痛みで耐えられない場合は、レーザー照射の出力を調節してもらうのも検討したほうがよいでしょう。

VIO脱毛した後のアフターケアをしっかりする

VIO脱毛した後のアフターケアも施術前のケアと同じくらいとても大切です。
特に

  • 肌のバリアを整える保湿はたっぷり行うこと
  • 激しい運動をさけること
  • 直射日光を当てないようにすること

は大切なアフターケアになります。また、「赤いブツブツがでてくる」「かゆみや痛みがある」といった肌トラブルがあった時は早めに担当医師・スタッフに相談するとよいでしょう。

【まとめ】メンズのVIO脱毛は痛い?施術時の痛み対策も解説

VIO脱毛が痛い理由と、痛みを緩和する方法について解説していきました。
VIO脱毛する時期と施術前後のケア・施術中の麻酔の使用や機種や出力の調整で、かなり痛みは抑えられます。
「VIO脱毛の痛みが心配・・・」とお悩みの方は、ぜひ当院クリニックの担当医師・スタッフにご相談ください。ご不安な点に関して、一人一人にあったカウンセリングをさせていただきます。