毛孔性苔癬とは?ダーマペンで二の腕にできたぶつぶつは治せる?

毛孔性苔癬とは?ダーマペンで二の腕にできたぶつぶつは治せる?

公開日:2022年04月06日 更新日:2022年04月06日

ダーマペン

医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長

野田知路Noda Tomonori

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。

常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

毛孔性苔癬とは?ダーマペンで二の腕にできたぶつぶつは治せる?

  • 二の腕にできるぶつぶつができて、プールや海で二の腕を見せるのが恥ずかしい
  • 二の腕がザラザラした触り心地なのを何とかしたい

このように、「二の腕にできたぶつぶつ」でお悩みの方は女性だけでなく、男性も非常に多くなっています。
一般の皮膚科でもなかなか治りづらいのが特徴ですが、ダーマペンを用いた治療法が注目を集めているのです。
このコラムでは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の原因や特徴と、ダーマペンをはじめとした美容医療の治療方法に至るまで、幅広く解説していきます。

毛孔性苔癬とは?

毛孔性苔癬とは、皮膚の毛穴に、あわ粒ほどの大きさのかたい発疹がたくさんできる皮膚疾患のこと。「サメ肌」と呼ばれることもあります。
実際には、毛包(毛根を包んでいる組織)に過度に角化した発疹が起こる「毛孔性角化症」の一種です。主に二の腕にできますが、他には太ももにもできることがあります。
発生時期は、5~6歳の小学校に入学する頃を始めとして、思春期に最も目立つようになるのが一般的です。その後、年齢とともに徐々にブツブツ感は抑えられていき、30歳以降くらいになると目立たなくなっていきます。

毛孔性苔癬の原因は?

毛孔性苔癬は、毛穴の中にある「毛包」と呼ばれる部分の角化(過度に固くなること)が異常なスピードで進むことで起きます。角化のそれ自体は、正常な皮膚の働きであり、決して悪いことではありません。ただし、このサイクルが通常よりも早いサイクルで起こり続けると、毛孔性苔癬のような毛孔性角化症につながっていくのです。
もともとアトピー性皮膚炎がある方や、家族に毛孔性苔癬の方がいると発症しやすいとされています。

一般的な皮膚科の治療ではどんなことをする?

一般的な皮膚科では、二の腕の古い角質を柔らかくして除去するサリチル酸や尿素を配合いた塗り薬などがよく使われます。他にヘパリン類似物質を配合したヒルドイドなどの保湿剤やビタミンAが配合された塗り薬を使用されることもあります。
また、クリニックによっては、ハトムギの成分である「ヨクイニン」をはじめとした漢方薬が使用されるケースもあります。(人それぞれ体質が異なるので、必ず病院で処方してもらうようにしましょう)
しかし、塗り薬や飲み薬だとなかなか治らないという方もいらっしゃいます。

ダーマペンとは?

一般の皮膚科の治療でもなかなか治らない「毛孔性苔癬」の治療方法として注目を集めているのが「ダーマペン」です。
ダーマペンは髪の毛よりさらに細くなった超極細針を使用し、肌の表面に極めて小さい穴を作ることで、お肌の自然治癒力(お肌の回復力)を向上させる治療法のことです。
ダーマペンによって、コラーゲンやエラスチンなどの肌の基盤となる成分の生成を促します。さらに新陳代謝が促進されることで、にきび跡や毛穴、美白、美肌、引き締め、小じわといった肌トラブルや肌の衰えを防ぐ効果が期待できます。

毛孔性苔癬でのダーマペンの治療方法とは?

では、毛孔性苔癬に対してダーマペンはどのように使用されるのでしょうか。
ダーマペンは、極細の針で細かく皮膚に穴をあけますが、実際には角質を溶かしながらコラーゲンの再生を促す「ピーリング剤」を用いることで、肌の深くから表層まで生まれ変わりをもたらします。施術時は肌表面に麻酔を塗るため痛みはほとんど感じず、針を刺した痕が残ることもありません。
つまり、単純に「塗るだけ」とは違って、ダーマペンで穴をあけてから施術を行うことによって非常に高い効果が期待できるのです。

毛孔性苔癬に対するほかの治療方法は?

毛孔性苔癬についての他の治療については、皮膚にレーザーを当てて目に見えないほどの小さな傷を作ることで、肌本来の再生能力を促す「フラクショナルレーザー」のほか、ダーマペンを使わないで、二の腕の皮膚に薬剤を塗って角質を除去する「ケミカルピーリング」などがあります。
原理としては、ダーマペンと同じようなものですが、効果の高さと安全性と考えると、ダーマペンによる施術は非常におすすめといえます。

【まとめ】毛孔性苔癬とは?ダーマペンで二の腕にできたぶつぶつは治せる?

いかがでしたか?
毛孔性苔癬に対するダーマペンの施術を中心にお話していきました。
ダーマペンによる施術は、数回クリニックに通うことで症状の改善を期待できる美容皮膚のテクニックともいえます。
多少症状が改善する程度でよい場合は、保険適用内の治療でもよいかもしれませんが、「もっとより改善したい」という方はぜひ当院までご相談ください。担当医師・スタッフが丁寧に診察・カウンセリングさせていただきます。

5周年記念 最大16万円以上割引+新宿開院記念 全身脱毛1回プレゼント

当ページは医師監修のもと
医療広告ガイドラインを遵守しています

当サイトは野田知路医師監修のもと、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された医療広告ガイドラインを遵守し、運用・管理しております。当サイトに掲載している内容について、疑問点などございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
当サイトの監修医師 医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

当サイトの監修医師
医療法人社団雪焔会
トイトイトイクリニック
理事長・統括院長
野田 知路