メンズアートメイクで人気の眉デザインについて

メンズアートメイクで人気の眉デザインについて

公開日:2021年11月19日 更新日:2021年11月23日

アートメイク

医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長 野田 知路

監修医師
医療法人社団雪焔会 トイトイトイクリニック理事長・統括院長

野田知路Noda Tomonori

福岡大学医学部形成外科、大手美容皮膚科院長を経て、医療脱毛をメインとする美容皮膚科クリニックを都内(渋谷原宿、池袋)で展開中。

常に自分の家族ならこうしたいと考えるよう心掛け、「家族にも勧められる美容医療」を信条としています。

メンズアートメイクで人気の眉デザインについて

男性の眉毛が整っていると「身だしなみに気を遣っている」というプラスの印象をもつ女性が多いといわれています。
眉毛は整えるだけでも垢抜けた清潔感のある雰囲気を演出してくれ、第一印象をも変えられるとされています。
現代は男性も眉毛の手入れを求められる時代。ボサボサで伸びきった眉毛では女性からの印象だけでなく、ビジネスでは取引先や顧客からの信頼度にも影響を及ぼしてしまうことも。
アートメイクは眉毛を整えるだけでなく、整った状態を簡単にキープしてくれるため、身だしなみを効率化するのに最適です。
このコラムでは、メンズアートメイクで人気の眉デザインやアートメイクをする際の注意点についてご紹介します。

どんなふうに見られたい?眉毛は顔のイメージを決める!

貫禄を出したい、男らしく見られたい、さわやかさをプラスしたいなど、客観的にどう見られたいか、理想の自己イメージがあるもの。そんななりたいイメージに近づけてくれるのが、眉毛です。
眉毛を変えるだけで、他人に与える印象を変えることができます。この章では、眉毛がなぜ顔の印象を左右するのか、その理由と眉デザインのポイントをご紹介します。

眉毛を整えるべき理由

ビジネスシーンにおいて、相手に与える第一印象はビジネスの行方を左右する重要なもの。相手に与えるイメージによって、コミュニケーションも変わることもあります。そこで注目したいのが眉毛です。
顔の印象の約7割を決めてしまうのが、意外にも眉毛だといわれています。
人は左右対称でバランスの良いものに対して、美しいと感じやすい傾向があります。一方、左右非対称であったり、不揃いであったりする場合、その視覚情報が相手の脳に負担をかけやすく「違和感」「いびつ」「不快」といったネガティブな印象を与えてしまいます。
眉毛が左右対称で整っていると、相手の脳に「快」として伝わりやすいため、良い印象を与えることができるのです。
メイクをしない男性だからこそ、眉毛を変えるだけでガラッと印象を変えることができるのであれば、使わない手はないですね。
髭のデザインによっても男性の印象は変わりますが、眉毛は目元にあるため視線を集めやすいポイントでもあります。この眉毛を常に整えておくだけで全体のバランスがとれ、清潔感のあるスマートな男性というイメージを与えることができるといえます。

デザインのポイントを押さえて印象をコントロール

眉毛の角度や濃さ、長さなどによって、相手に与える印象は変わります。
もっともわかりやすいのが眉毛の角度。つり上がった眉だと怒っている、親しみにくいといった印象を受けることが多いのではないでしょうか。反対に、下がった眉は困った顔、悲しんでいる顔と認識することが多いでしょう。このように眉毛に角度があると芯が強く凛々しい印象を与えますが、角度がなく水平であるほど優しく温和な印象を与えます。
このほか、眉毛のデザインによってどのような印象を与える傾向があるのでしょうか。

眉毛の形

直線的であるほど男性的な印象を与え、曲線的であるほど中性的な印象を与えます。

眉毛の濃さ

眉毛が薄いと頼りなさそう、幸が薄そうだと判断されがちです。眉毛が濃いと、たくましい、エネルギーがありそうといった印象を与えますが、濃すぎるとくどくなることがあります。

眉毛の太さ

眉毛が細いとスマートで涼しげ、知的といった雰囲気が漂います。しかし、細くしすぎると女々しい、軽そうというイメージに傾いてしまいます。
眉毛が太いと目を強調することができ、信頼感がある、安心できるといった印象を持ちやすくなります。しかし、太すぎると野暮ったくなり調整が必要です。

眉毛の長さ

眉毛が短いと幼く若くみえ、長いと上品で洗練された印象にみられがちです。

眉毛の位置

眉毛と目が近いと目が強調され、外国人のような彫りの深い印象を与えます。対して、眉毛と目の間の距離がある場合は、穏やかでさっぱりとした印象を作ることができます。
このように眉毛の濃さや太さ、角度、長さなどによって他人に与える印象をある程度コントロールすることができるため、慎重に検討する必要があります。
人から不機嫌そうだとよく言われることがあれば、眉毛の角度を調整してみる、幼く見られるなら眉毛を長くすることで貫禄や上品さを演出するなど、コンプレックスと照らし合わせながら眉デザインを決めてみるのもよいでしょう。

メンズアートメイクで人気の眉デザインとは?

アートメイクでは、一人ひとりの輪郭や骨格、目鼻立ちなどから顔全体のバランスと割り出される黄金比を考慮しながら、眉デザインを調整していきます。そこに、なりたいイメージやプラスしたい印象、コンプレックスの解消など要望を交えながら、デザインを決めていきます。
まずは、メンズアートメイクで人気の眉デザインを参考としてチェックしておきましょう。

もともとの形を活かしたナチュラル型

ご自分の眉毛の形を基本にしたナチュラル型は、定番の眉デザインです。
元の眉毛のラインを活かしながら、毛が薄い、左右非対称、一部分の毛が少ないといった眉毛にまつわる悩みやコンプレックスを解消し、補いながら調整していきます。これだけでも眉毛が全体的に整い、顔とのバランスをとることができます。
アートメイクが初めて、手入れが面倒だけど整えておきたいという方にもおすすめです。また毛が薄い、左右の形が異なっている、などの眉毛に悩みがある場合は、まずナチュラル型で補正するというのもいいでしょう。

男らしさをアップ!太めのストレート型

頼れる信頼性のある雰囲気を出したい、男らしくありたいという方におすすめなのが、太めのストレート型です。
眉毛を濃く太くし直線的にすることで、ワイルドな男らしさを強調することができます。眉毛が細く薄く、頼りなく見られがちなのがコンプレックスなら、思い切ってこのタイプの眉毛にすることでイメージチェンジを図ることができるしょう。
また、ストレートな眉毛で実直さを出したいけれど強くなりすぎず穏やかにしたい場合は、太さを保ちつつ眉毛の濃さを薄くすると、優しさも醸し出すことができます。

穏やかで優しいアーチ型

太すぎず眉山を持たせた曲線的なラインを描くことで、優しく親しみやすい印象を与えることができます。濃すぎず太すぎないので、より中性的で繊細なイメージを持たれることでしょう。眉毛の長さも長めにとることで、上品さや知的さもプラスすることができます。
怖くみられがちなのがコンプレックスなら、このアーチ型の眉毛にしてみるのもいいでしょう。

知的でクールな印象の細めストレート型

眉毛を細めでストレートにすることで、知的で落ち着いたイメージに仕上げることができます。眉毛の長さをしっかりとることで、顔全体が引き締まり、上品で落ち着いた雰囲気にまとめることができます。
くどくみられがち、暑苦しさを払拭したい場合、この眉デザインでさわやかさやクールさをプラスし、あっさりした印象にイメージチェンジしてもいいかもしれません。

アートメイクだからこそ気を付けたいポイント

アートメイクで眉毛を整える場合、覚えておきたいポイントや注意点があります。これらをしっかり把握したうえで施術を受ければ、後悔のない満足度の高い眉毛を手に入れることができるでしょう。

施術方法いろいろ!仕上がりや料金に違いあり

アートメイクといっても技術もさまざまで、それぞれ仕上がりや料金にも違いがあります。アートメイクには主に、2Dやマシン彫りと呼ばれるパウダーブロウのほか、3D、手彫りとよばれるストロークブロウ、4Dや6D、オーダーメイドと呼ばれるミックスブロウと呼ばれる技法があります。
パウダーブロウは細かい点を霧のように入れていくので、ふわっとした柔らかい仕上がりが特徴です。色の濃淡を表現することができるので、眉毛が薄い、細いなどの悩みを解消することができます。
ストロークブロウは、1本ずつ手彫りで眉毛を描いていく技術であるため、もともとの眉毛になじみやすく毛並みを美しく整えることができます。より立体的に毛の流れを表現できるため、自然な仕上がりになります。眉毛が濃い、太い方でも、この手法であればナチュラルに仕上げることができます。
ミックスブロウは前述の技術をかけ合わせた手法であるため、毛の流れを立体的かつ濃淡をつけた柔らかい表現が可能になり、より肌なじみの良いナチュラルな仕上がりになります。そのため、眉毛が全くない方の眉毛を再現することもできます。
施術方法によってその特徴や料金も異なるため、カウンセリング時にしっかり希望を伝えることが大切です。一般的に、技法によって価格差があり価格設定が異なりますが、クリニックによっては技法に関わらず一律料金で仕上げてくれるところもあります。どのような価格設定になっているのか、事前に確認するようにしましょう。

簡単に消えない!流行に左右されないデザインを

アートメイクはタトゥーと同じように、皮膚に針で傷をつけ色素を注入していきます。しかし、アートメイクの場合はタトゥーよりもごく浅い表皮層に注入するため、半永久的に消えないわけではありません。肌の新陳代謝によって、色素を入れた皮膚は徐々に剥がれ落ちていき、2年から3年ほどで消えていきます。とはいえ、アートメイクは洗っても擦ってもしばらくは落ちません。
さらに眉毛にはトレンドがあり、良いとされるデザインが変わることもしばしば。そのため、流行に流されないご自身に合った眉デザインを選ぶことが大切です。

施術前に!アレルギーの有無を確認しよう

金属アレルギーがある方は施術の前に、必ず医師に相談しましょう。
アートメイクで注入するインクや使用する針に金属成分が含まれていることがあります。そのため、金属アレルギーをお持ちの方は注意が必要です。使用されるインクなどに問題がないか、事前のパッチテストに対応してくれるクリニックもあります。
日本では、厚生労働省の認可を受けたインクというものは存在しません。使用されるインクの安全性が気になる方は、アレルギーに関わらずクリニックに確認してみるのもいいでしょう。
クリニックによっては、アメリカ食品医薬品局という日本の厚生労働省にあたる公的機関が認証したインクなど、国際的に認められた安全性の高いインクを使用しています。
施術前に、使用するインクについても確認しておきましょう。

メンズアートメイクの実績があるかチェック

女性がアートメイクをする際には、メイクをサポートしたり、すっぴんでも問題ないようにしたりする意味合いが強いものです。
しかし、メンズアートメイクの場合はメイクをしない男性が施す以上、ナチュラルさが最重要ポイントとなります。そのため女性よりも自然な仕上がりを重要視する男性が多く、アートメイクだと気づかれないレベルを求めています。
アートメイクに失敗しても、男性はメイクで隠したり補ったりすることがないうえ、男性だからこそのデザインや仕上がり感があります。
そのためメンズアートメイクの実績のあるクリニックや症例数の多いクリニックを選ぶと安心だといえます。

眉デザインで理想の自分に近づく

眉毛の手入れ一つで好感度をあげることができるほど、身だしなみに厳しい現代。手入れだけでなく眉毛のデザインは、他人への印象を変えるほどのパワーを持っています。眉毛をアートメイクで攻略することで、よりスムーズなコミュニケーションがとれるなら、効率の良い手段といえます。
この機会に、理想の自分に近づける眉デザインを探してみてください。

5周年記念 最大16万円以上割引+新宿開院記念 全身脱毛1回プレゼント